【to doシート】決めつけすぎない大切さ

こどもto doのシートを使ってくださっている方、本当にありがとうございます!

 

to doシートを使う上で、気をつけていただきたいなぁと思うのが、

「決めつけすぎないこと」

です。

 



 

 

どういうことかと言うと…

 

「シート貼ってあるでしょ!それ見て着替えて!」

 

「ゲーム時間、約束したでしょ!」

 

「ピアノの練習時間決めたでしょ!」

 

 

と言った親の「決めつけ」です。

 

「ちゃんと話し合ったからやるだろう」

 

「シートを貼ってあるから見るだろう」

 

「あんだけキツく言ったんだからやるだろう」

 

これは親の一方的な期待であり、この通りにならないとイライラするのは親の方です。

(私も、幾度となくこれでイライラ地獄に…!)

 

 

 

①to doシートをダウンロードして、プリントアウトして、お子さんの名前を書いた

これだけでも日々忙しい育児の中ではとっても面倒な事です。

 

 

②それをお子さんに見せた、または話し合った。

お子さんが理解していなくてもいいんです。お父さん、お母さんはこどものためにがんばってます。

 

 

③壁やドアなど、こどもの見えるところに貼った。

ここまでの作業、単純に見えてとても面倒で大変な作業だったと思います。お疲れ様でした!

 

 

④こどもto doシートが目についたら、お子さんに声がけをする。

実はこれが厄介です!

 

親としては目についたときに声をかけるわけですが、子どもにとってはタイミングが悪い。なんてことはよくあります。

 

そんなときに、すぐやらないからと「ほら!to doシートで約束したでしょ!」と追い詰めるのはあまり良くないと思います。

少し待って、それでもやらないようなら「あとどのくらいでできそう?」などと優しく声がけしてみてくださいね。

 

 

ま、優しく声がけなんて、こちらに心の余裕がないとできませんけど!

 

…とまぁ、えらそうに書いていますが、夏休みに入って自分の時間がほとんどない&連日の暑さで、私もしょっちゅうイライラしています…

 

イライラしてしまうのは仕方のない事なので、自分を責めず、子どもも責めず、ゆったりとした気持ちになれるよう深呼吸でもしましょう。

 

 

あと1ヶ月弱、お父さんお母さん(もしくは祖父母のみなさん)、乗り切りましょう!

 

 





コメントする

CAPTCHA